Myself 働き方 学び 思考 日々 映画 生き方

この1年

投稿日:

著者になりたい人をITの基本からサポートする読書と編集のにゃおです。

僕が自分で成長したと思うこと。

ミッション1

僕が第一のミッションと考えているのは、障害のある人のサポートです。

というと、「障害のある人」というのがクローズアップされてしまうことになるのですが、今年を振り返って自分が成長したなと思うのは、自分の中に「障害のある人」というイメージがどんどん薄くなっていったことでしょうか。

僕の中から「障がい者」という人はほぼいなくなってしまいました。

もちろんお手伝いが必要な人はいます。それはさまざまな形があるけれども、その人に必要十分なお手伝いをするだけのことなのです。できることまで手伝う必要はありません。これ、当たり前ですよね。それがある程度自然にできるようになりました。それを教えてくれたのは一般的に「障がい者」と呼ばれている人たちでした。

一応ヘルパーと利用者という立場の違いはあるのですが、当たり前の人間関係を作るだけのことで、僕はむしろいろいろなところに連れて行ってもらったり、たくさんのことを教えてもらったり、逆に教えたりという自然な付き合いができるようになったと思います。

色んな人との新しい付き合いが始まったことが楽しくてたまらない。そんな一年でした。

来年はどんなふうに変わっていくかなあ。

本日の読書

自己分析の1000問に挑もうと決めました。とりあえずノートを用意しなきゃ。

 

回転翼の話からコマの話。天体は回転することで安定している。これはよく考えるとすごく不思議な話だよね。

 

ある組織の中で仕事をするってことがどんなことか考えてしまったな。

 

明日から「こんな夜更けにバナナかよ」公開。

そして、僕が応援する本も公開。

楽しみだな。

 







書いた人

nyao

nyao

本を書きたい人にITの基礎から学んでもらって、Kindleで著者デビューするまでをサポートします。 ITってよくわからないという人のために勉強会をやっています。 「読書と編集」という屋号でお仕事をしています。

プロフィールを表示 →

-Myself, 働き方, 学び, 思考, 日々, 映画, , 生き方
-, , , ,

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2019 All Rights Reserved.