映画・TV

HANA-BI

投稿日:

cover
北野たけしのHANA-BIを借りてきて見た。北野映画の不思議なところは、暴力的なシーンが数多く出てくるのに全体が穏やかなところだ。セリフもあまりなければ、派手なBGMもないせいだろうか。全体に哀愁が漂っていて、なぜか美しい映像。そして不思議な絵。
理屈を並べてみても、この映画に惹かれるものは説明できない。それが北野映画なのだと思う。







書いた人

nyao

nyao

本を書きたい人にITの基礎から学んでもらって、Kindleで著者デビューするまでをサポートします。 ITってよくわからないという人のために勉強会をやっています。 「読書と編集」という屋号でお仕事をしています。

プロフィールを表示 →

-映画・TV

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2019 All Rights Reserved.