思念波 思考 日々

メモすること

投稿日:

メモは大切

「メモの魔力」が流行っているしね、そんなの当たり前だろうって人も多いだろうなあ。

でも思っているだけじゃね、ダメなんだよね。

僕は歩いている時とか、車を運転している時とかに「ポカッ」という感じでブログネタを思いつくことがある。で、なかなかすぐメモするっていう環境じゃないこともあって、仕方ない、覚えておこうと思うし、これは忘れないだろうとその時は思うのさ。

でも、すっかり忘れるよね。

今もね、朝からずっとこのネタで書こうと思っていたことを思い出せなくて、こんな記事を書いている。

まあ、環境のことは何とか解決しなきゃならないことだけど、そういう問題とは別に「いつもメモすること」を癖にした方がいいなと思う。ホントにね、「忘れない」と思っちゃうことが多いんだよ。いつも忘れていることを何となく意識しているにもかかわらず。

だからそんな思いよりも素早く「メモしよう」って思うように訓練しなければならない。

メモする時には「考えない」ということが大事だ。考えるのは後だ。字がキレイとか汚いとか、後でわかりやすいようにとか、余計なことを考えていると忘れるのさ。スマホをポケットから出して、認証して、アプリたちあげるとかね、ありえないくらい遅いから。

それよりは紙のノートに書くのが早い。でもノートのどこに書くとか考えている暇はないくらいだよね。ペンを出すのも大変だ。

と、考えてみると、シンプルなボイスレコーダーにね、ボタンひとつで録音でするのが速いかもしれない。さらに言えばそれをテキストデータに変換できれば最高だ。

まあ、そんな理想を言う前に、ノートを素早く開いてガシャガシャと書く練習をしなさいよってことではあるよね。

僕は昔、腰に小さいリングノートと短いボールペンをぶら下げて、いつでもメモすることを実践していたことがある。あれは案外悪くなかった気がするのだが、小型の様々なガジェットに興味が移ってやめてしまったんだよなあ。

当時のメモシステムに使っていた文具類が今は手に入るかどうか分からないけど、再現してみようかなあ。

いまなら案外ウケるかもしれない。

本日の読書

寝る前に1話読む。楽しい。

 

今日はもう少し読めそうな気がするな。







書いた人

nyao

nyao

本を書きたい人にITの基礎から学んでもらって、Kindleで著者デビューするまでをサポートします。 ITってよくわからないという人のために勉強会をやっています。 「読書と編集」という屋号でお仕事をしています。

プロフィールを表示 →

-思念波, 思考, 日々,
-, , ,

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2019 All Rights Reserved.