北海道

外来種の魚の害はこんなところにもあるんだね

投稿日:

北海道新聞 環境・自然
外来魚の脅威、天然記念物にも 足寄「オンネトー湯の滝」のマンガン鉱床 【写真】  2003/09/17 12:30

 【足寄】地上でマンガン鉱床が成長を続ける世界唯一の場所として国の天然記念物になっている十勝管内足寄町の「オンネトー湯の滝」の池で、外来種のテラピアなど熱帯魚が大量に繁殖している。文化庁は「マンガン生成に悪影響を与えかねない」と事態を重視し、同町に熱帯魚の駆除を指導しているが、対策は決め手を欠き、町は頭を抱えている。

毎年1トン以上のマンガン鉱床が増えているんだって。これは面白い。これに外来の熱帯魚が影響を与えている。移植したのは個人らしいけど、浅い考えだけでこういうことをやると大きい自然破壊に繋がる場合もあるってことを肝に銘じたい。







書いた人

nyao

nyao

本を書きたい人にITの基礎から学んでもらって、Kindleで著者デビューするまでをサポートします。 ITってよくわからないという人のために勉強会をやっています。 「読書と編集」という屋号でお仕事をしています。

プロフィールを表示 →

-北海道

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2019 All Rights Reserved.