社会

先行きが不安になる

投稿日:

北海道新聞 社会
JR中央線 高架工事で作業ミス、8時間運休 18万人に影響  2003/09/29 02:30

 JR中央線の高架化工事終了が信号装置の故障や踏切警報機のトラブルのため遅れ、JR東日本は二十八日の始発から東京・三鷹〓立川間の運転を見合わせた。配線ミスなどの作業ミスが重なったのが原因とみられる。午後に上下線とも復旧したが、約八時間ストップし、特急二十四本を含む二百三十四本が運休、約十八万人に影響が出た。

国鉄時代に培ってきた技術が経営効率優先で揺らいでいるように見える。民営化の悪い点が出始めているのかもしれない。
経営がどう変わっても、根幹となる技術だけは守り通さないと、いつか重大な問題を起こしかねない。
ニッポンという国の先行きを占う出来事のようでちょっと気になる。







書いた人

nyao

nyao

本を読むのが大好きです。積読本が多数。システムエンジニア経験あり。プログラミング言語はRubyが好きだけどPHPとJavaばかり書いている。最近はJavaScriptも好きになってきた。クラウド使ったお仕事募集中。

プロフィールを表示 →

-社会

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2018 All Rights Reserved.