社会

きっと誰かにしかられたに違いない

投稿日:

北海道新聞 十勝沖地震
出光の天坊社長 辞意を一転、否定 火災責任、事故処理後に考慮  2003/10/02 08:30

 【苫小牧】苫小牧市の出光興産北海道製油所のタンク炎上事故で一日、苫小牧市役所での記者会見で、事故処理と製油所の復興が一段落した時点で辞任する意向を示していた同社の天坊昭彦社長(63)は同日夜、陳謝のため道庁に高橋はるみ知事を訪ねた後、報道陣に対し辞任の意思を一転して否定した。

進退も含めて責任を取ると明言したのをすぐに撤回。これはたぶんエライ人にしかられたんじゃないかな。出光といえば同族会社で有名。社長はまだまだ使いっぱしりなのかもしれない。
どうしても辞めろと言うつもりはないが、今回の事故の重大性を考慮したつもりでトップが一度口に出したことを簡単には撤回するのはどう考えても信頼を損なう行為だ。信用できない会社だと言われても仕方がない。







書いた人

nyao

nyao

本を読むのが大好きです。積読本が多数。システムエンジニア経験あり。プログラミング言語はRubyが好きだけどPHPとJavaばかり書いている。最近はJavaScriptも好きになってきた。クラウド使ったお仕事募集中。

プロフィールを表示 →

-社会

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2018 All Rights Reserved.