北海道

どっちにとっても死活問題

投稿日:

北海道新聞 環境・自然
クマとの共存考えよう 12、13日に富良野でフォーラム  2003/10/06 01:00

 【富良野】農業被害や住民に不安を与えるヒグマにどう対応するかを考えるヒグマの会(会長・金川弘司北大名誉教授)のクマフォーラムが十二、十三の両日、富良野市で開かれる。知床や岩手県、フィンランドなどで行われている「駆除だけに頼らないクマ対策」を報告する。

農家にとって熊被害は死活問題だけど、熊の立場にとってみれば同じように死活問題。単純に力で戦えば人間の勝ち。知恵のある人間のほうが熊との共存方法を考えるというのは民度が一段階あがるということだ。同じレベルで戦わない。これは他のいろいろな面でもいえることだ。こういう考え方、大事にしたいと思う。







書いた人

nyao

nyao

本を読むのが大好きです。積読本が多数。システムエンジニア経験あり。プログラミング言語はRubyが好きだけどPHPとJavaばかり書いている。最近はJavaScriptも好きになってきた。クラウド使ったお仕事募集中。

プロフィールを表示 →

-北海道

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2018 All Rights Reserved.