アメリカにも大本営発表がある

投稿日:

asahi.com : 国際
「戦争のヒロイン」リンチさん、軍の操作を批判

 「私は利用されただけ」。イラク戦争中に捕虜になり、戦争のヒロインとして大々的に報道された元米陸軍兵士ジェシカ・リンチさん(20)が、米テレビのインタビューを受け、軍当局の情報操作を批判した。

戦争をやるときの国内情報操作は常套手段だ。やっぱりブッシュの戦争は間違っていたらしい。
しかし、アメリカのすごさはこういう発言が報道され、尊重されることだ。多面的な報道をすることでバランスを保つ力が働く。
個人がこういう発言をすることは勇気のいることだ。軍にとっては裏切りに映るかもしれないが、彼女はアメリカに忠誠を誓っているのだということがよくわかる。こういうのを愛国心というのだろう。
残念ながらニッポンの「愛国心」という言葉には軍国主義とか、みょうちくりんな国粋主義のにおいがする。素直に国を愛することが出来る国民は幸せだとつくづく思う。







書いた人

nyao

nyao

本を書きたい人にITの基礎から学んでもらって、Kindleで著者デビューするまでをサポートします。 ITってよくわからないという人のために勉強会をやっています。 「読書と編集」という屋号でお仕事をしています。

プロフィールを表示 →

-

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2018 All Rights Reserved.