読書と日常をプログラミングする

NyaoPress 読書と日常

北海道

「樹木葬」墓地計画/長沼

投稿日:

北海道新聞 暮らし・住まい・福祉
土に返り木の下で永眠 長沼に「樹木葬」墓地を 札幌のNPO計画 【写真】  2003/11/11 00:00

 遺骨を埋葬する際、墓石の代わりに樹木を植える「樹木葬」の専用墓地を札幌市内の民間非営利団体(NPO)が空知管内長沼町に計画している。計画が実現すれば、遺骨を木製など土に返る素材の骨つぼに収めることも可能という。このNPOは「人は本来、亡くなれば土に返る。この葬法を広めたい」としている。

公園墓所ってわりとはやっているみたいだけど、なんとなくこういうのもいいな。生まれ変わるって感じもあるし、整備の仕方によってはお墓参りもいくらか楽しくなるかもしれない。これからは人によっていろんな送られ方が選べるようになるのかな。なかなか難しそう。自分をこうやって送ってほしいっていうのを実現するには生前から親族とよく話し合っておく必要があるよね。生きている人に苦労をかけるのもどうかと思うからね。。。







書いた人

nyao

nyao

本を読むのが大好きです。積読本が多数。システムエンジニア経験あり。プログラミング言語はRubyが好きだけどPHPとJavaばかり書いている。最近はJavaScriptも好きになってきた。クラウド使ったお仕事募集中。

プロフィールを表示 →

-北海道

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2018 All Rights Reserved.