読書と日常をプログラミングする

NyaoPress 読書と日常

社会

やっぱりサラ金の胡散臭さは抜けてない

投稿日:

北海道新聞 社会
「武井会長の指示で盗聴」 元社員が逮捕前に供述  2003/11/15 11:00

 消費者金融大手「武富士」(武井保雄会長)の元社員による電話盗聴事件で、電気通信事業法違反(盗聴)容疑で逮捕された元武富士渉外担当の中川一博容疑者(42)が逮捕前の調べに「武井会長の指示で盗聴をした」と供述していたことが14日、分かった。

今はヤミ金が話題になっているけれど、今の消費者金融が始まった頃にはサラ金というコトバが今のヤミ金なみに胡散臭いコトバだった。制度の整備や業界の努力もあって社会的に正当な業界としてあるていど認知されてきたのに、業界一位の会社がこんなことをやっているようじゃやっぱり胡散臭い業界に逆戻りだ。かなりシビアなプライバシー情報を扱っている会社の会長がプライバシーをないがしろにするような行動を企業組織を使って行っている点で病根は深い。


そういえば最近銀行のブランドのついた消費者向け金融が結構大々的に宣伝されているけど、あれも銀行が看板代をとって実際にはわりとメジャーな消費者金融が融資を扱っているケースがほとんどなので、銀行ブランドだと思って安心しないほうがいい。消費者金融の取引情報として残るから、ひょっとしたら将来住宅ローンなんか借りようとしたときに影響がでるかもしれないよ。







書いた人

nyao

nyao

本を読むのが大好きです。積読本が多数。システムエンジニア経験あり。プログラミング言語はRubyが好きだけどPHPとJavaばかり書いている。最近はJavaScriptも好きになってきた。クラウド使ったお仕事募集中。

プロフィールを表示 →

-社会

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2017 All Rights Reserved.