社会

なんだかんだいっても増税

投稿日:

asahi.com : 経済
政府税調、定率減税廃止は「反対」 住民税は増額提言へ

 政府税制調査会(首相の諮問機関)は17日、04年度税制改正の基本方針を固めた。年金収入への課税の強化や個人住民税の増額、03年末で期限を迎える住宅ローン減税の規模縮小を条件とした延長容認などを提言する。提言通りに改正すれば、所得税・住民税で2000億〓3000億円の増税になる。ただ、年金財源の確保のため所得税の定率減税を段階的に廃止する案については、「景気への影響が大きく、時期尚早」として反対する。

税の構造を変える必要性はわかる。しかしその前に景気をなんとかしてほしい。景気がよくなったら消費税率を上げることだって可能になるかもしれない。
もうモノを売って稼ぐのには限界がきている。サービスを売っていかないとお金は動かない。そのための社会構造の改革が必要なのに、相変わらず箱モノを中心とした景気対策ばかりだ。
小泉首相、いい加減経済について少しは勉強したらどうだい?







書いた人

nyao

nyao

本を読むのが大好きです。積読本が多数。システムエンジニア経験あり。プログラミング言語はRubyが好きだけどPHPとJavaばかり書いている。最近はJavaScriptも好きになってきた。クラウド使ったお仕事募集中。

プロフィールを表示 →

-社会

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2018 All Rights Reserved.