社会

宿泊拒否のホテル側を刑事告発

投稿日:

asahi.com : 社会
宿泊拒否のホテル側を刑事告発へ 法務省、一両日中にも

 熊本県南小国町のホテル「アイレディース宮殿黒川温泉ホテル」(前田篤子・総支配人)がハンセン病の元患者ら22人の宿泊を拒否した問題で、法務省は20日、同ホテルを経営するアイスター(本社・東京)を一両日中に旅館業法違反容疑で告発する方針を固めた。

国が今までの政策の誤りの責任をとる姿勢の表れとして評価したい。
差別は油断すると自分の心の中に忍び寄っている。本人はそう思っていないようでも、心の奥に差別意識がひそんでいることもある。これを克服するのは容易ではないが、我々は自分の差別意識と戦わなければならない。差別は人は自分に誇りのない人がする卑劣な行為だ。僕はそういう人になりたくないと痛烈に思う。







書いた人

nyao

nyao

本を読むのが大好きです。積読本が多数。システムエンジニア経験あり。プログラミング言語はRubyが好きだけどPHPとJavaばかり書いている。最近はJavaScriptも好きになってきた。クラウド使ったお仕事募集中。

プロフィールを表示 →

-社会

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2018 All Rights Reserved.