読書と日常をプログラミングする

NyaoPress 読書と日常

政治

辻本元議員の初公判

投稿日:

北海道新聞 社会
辻元元議員、詐欺認め謝罪 土井前党首の元秘書が主導  2003/11/20 13:30

 秘書給与詐取事件で国から計約1870万円をだまし取ったとして、詐欺罪に問われた社民党の元衆院議員辻元清美被告(43)と土井たか子前党首の元政策秘書五島(本名渡辺)昌子被告(66)の初公判が20日、東京地裁(中谷雄二郎裁判長)であり、両被告は起訴事実を認めた。

今の法律では詐欺罪で有罪になるのは避けられないだろう。しかし、法律自体が法律を作る政治家自身の行動を規制するものであるためにどこか妥協と矛盾をはらんでいる。そういう法律で彼女を罰することにはなにか釈然としないものがないではない。
50キロ制限の道路を他の車と同じ70キロで流れに乗って走っていて自分だけ捕まったというような感覚。
規則は規則。守らないでいいわけがない。知らなかったと言える立場でもない。その点について彼女に非はある。
だけど、この事件を決着させたら、また彼女のセンスを生かした社会の役に立つ仕事をやってほしい。今回のことで彼女の才能を埋もれさせるのはあまりにももったいない。経歴に不名誉な傷がついてしまったとしても、才能に変わりがあるわけではないのだから、またどうどうと活動していって欲しいと思う。







書いた人

nyao

nyao

本を読むのが大好きです。積読本が多数。システムエンジニア経験あり。プログラミング言語はRubyが好きだけどPHPとJavaばかり書いている。最近はJavaScriptも好きになってきた。クラウド使ったお仕事募集中。

プロフィールを表示 →

-政治

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2018 All Rights Reserved.