社会

CO2排出削減で鉄道復権か

投稿日:

北海道新聞 環境・自然
トラック輸送を鉄道転換 CO2排出量7割減 民間36件実験、国交省が計画  2003/11/20 01:00

 国土交通省は十九日、地球温暖化の一因である二酸化炭素(CO2)を大量に排出するトラック輸送から、鉄道中心に切り替える民間企業の実験計画三十六件を発表した。北海道関連は十一件で、道内と本州間を中心に向こう一年間、鉄道輸送に転換する。同省はこれにより、CO2排出量が七割強削減されると見込んでおり、転換費用として総額二億五千万円を補助する。

鉄道のスピードアップも進んできたから貨物の鉄道輸送も悪くないんじゃないかな。CO2削減という大義名分がなくても十分競争力のあるサービスを鉄道が提供できるかどうか。それが長期的に鉄道が復権できるかどうかの分かれ道だ。
ただ、やっぱりターミナルから運送先までのアクセスはトラックになる。載せ替えが時間のロスになるんだろうな。大きな需要家にはまた専用線が復活ってこともあるかもしれないね。







書いた人

nyao

nyao

本を読むのが大好きです。積読本が多数。システムエンジニア経験あり。プログラミング言語はRubyが好きだけどPHPとJavaばかり書いている。最近はJavaScriptも好きになってきた。クラウド使ったお仕事募集中。

プロフィールを表示 →

-社会

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2018 All Rights Reserved.