技術・科学

電子皮膚

投稿日:

asahi.com : サイエンス
数ミリ間隔で格子状センサー、圧力感じる電子皮膚を開発

 人の皮膚のように、つかんだモノの圧力を感じることができる電子人工皮膚を東京大学のグループが開発し、21日発表した。人のような形のヒューマノイド型ロボットに使えば、人に近い皮膚感覚を持たせることもできるようになりそうだ。

人の形をしたロボットへの技術の広がりが進んでいる。人間の持つ機能のかなりの部分が原始的ながらも備わり始めている。やっぱりロボットは次の基幹産業になるんだろうな。







書いた人

nyao

nyao

本を書きたい人にITの基礎から学んでもらって、Kindleで著者デビューするまでをサポートします。 ITってよくわからないという人のために勉強会をやっています。 「読書と編集」という屋号でお仕事をしています。

プロフィールを表示 →

-技術・科学

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2019 All Rights Reserved.