技術・科学

市電でもICカード

投稿日:

北海道新聞 道央
かざすだけで運賃支払い 札幌の市電でもICカード実験  2003/11/22 17:05

 札幌市が出資する第三セクターの札幌総合情報センター(高橋登社長)は二十一日までに、現在、市営地下鉄で実施している集積回路(IC)カードの実証実験を、来年一月から市電に拡大することを決めた。ICカードは、読み取り機にかざすだけで料金が引き落とされるため、地下鉄との乗り換えをスムーズにしたり、降車時の混雑を緩和したりする効果がある。路面電車へのICカード導入は、全国でも初の試みとなる。

札幌ではS.M.A.P.カードというICカードの実験が行われている。地下鉄と一部のお店のレジ、一部の自動販売機で使えるカードだ。技術的には地下鉄の決済もできる電子マネーと言う感じ。JR東日本のSuicaと同じFeliCaベースの非接触カードで、僕もモニターとしてカードを使っている。
市電への導入もたぶんこのカードを使えるようにする形なのではないかと思う。
そういえば、実験期間が来年3月末までになってるけど、たぶんまた延長か、実用化のどちらかになると思われる。でもどうせならバス、JRまで広げ、さらに買い物の決済店舗数を広げた実験を完了させてから実用化に入ったほうがいいかな?いずれにしても先が楽しみなカードだ。







書いた人

nyao

nyao

本を読むのが大好きです。積読本が多数。システムエンジニア経験あり。プログラミング言語はRubyが好きだけどPHPとJavaばかり書いている。最近はJavaScriptも好きになってきた。クラウド使ったお仕事募集中。

プロフィールを表示 →

-技術・科学

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2018 All Rights Reserved.