読書と日常をプログラミングする

NyaoPress 読書と日常

社会

盲導犬同伴の宿泊拒否問題

投稿日:

asahi.com : 社会
盲導犬同伴の宿泊拒否 徳島県市場町の施設

 視覚障害者団体が10月上旬、盲導犬同伴で宿泊を申し込んだところ、徳島県市場町の施設「金清(かねきよ)温泉白鳥荘」に拒否されていたことがわかった。同荘側は「犬が嫌いな人もいる」などと説明したが、昨年10月施行の身体障害者補助犬法で公共施設は盲導犬の同伴を拒めず、この10月からは飲食店やホテルなどの民間施設にも拡大されている。

たぶん明るみに出ない同じような問題が全国で起きているのではないかと思う。宿泊施設側の不勉強も問題だが、身体障害者補助犬法についての趣旨説明や法の施行に対するアピールが足りないのも確かだ。
このケースの施設を管理する村の助役が平謝りしたというのも実はおかしい。顧客に失礼があったことを詫びるのはその施設の責任者で十分だ。これは逆差別というものだ。いつものとおりの対応をすればよかっただけなのだ。
法律で決まっているからではなく、サービス提供側と顧客というごく当たり前の関係をごく当たり前に行えるようになること。難しいがこれが我々の向かうべき社会なのだと思う。







書いた人

nyao

nyao

本を読むのが大好きです。積読本が多数。システムエンジニア経験あり。プログラミング言語はRubyが好きだけどPHPとJavaばかり書いている。最近はJavaScriptも好きになってきた。クラウド使ったお仕事募集中。

プロフィールを表示 →

-社会

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2017 All Rights Reserved.