読書と日常をプログラミングする

NyaoPress 読書と日常

北海道

外交官殺害の波紋/北海道

投稿日:

北海道新聞 社会
「自衛隊も狙われる」〓外交官殺害 道内の家族、動揺  2003/12/01 01:30

 イラク北部ティクリット付近で二人の日本人外交官が殺害されたニュースは、三十日、現地への派遣が計画されている道内の自衛官とその家族に大きな衝撃を与えた。「日本人が標的であることがはっきりした」「自衛官の安全確保は大丈夫なのか」。最悪の事態が現実となったことで派遣への不安は極度に高まり、「派遣中止」を求める声も強くなっている。

自衛隊はどこから見ても軍隊だ。だから派遣は派兵と同じ。安全ではないから軍隊である自衛隊が行くわけだ。だから、派遣すると言う点においていえば安全だから行くとか行かないとか言うのはその本質において誤りがある。
安全が確保されているならどこからみても軍隊である自衛隊が行く必要はない。もっと違う人的貢献もありうる。
大義名分の立っていない戦争が、いまだに継続している状況で日本の自衛隊が出る幕などない。まずはブッシュに戦争を終結させ、国連とともにPKO派遣というかたちがより望ましいのではないか。
ブッシュの戦争はアメリカ国民にも不評を買っている。次の大統領選挙でブッシュが落選すれば(その可能性は高いが)、派兵したニッポンははしごをはすされた状態になりかねない。
まずはアメリカとの関係はおいて、国際社会との外交を優先し、イラクをどう扱っていくべきかの議論に積極的に参加して得た結論が自衛隊の派兵ということならまだ納得がいく。しかし残念ながら政府からそういう説明がなされているとは思えない。国会は安全かそうでないかという意味のない議論だけをしているように見えるからだ。
今派兵を強行すれば、なにかあったときに間違いなく小泉首相のクビが飛ぶ。政局はまた混乱に向かう。持ち直してきた経済にも水を差す。我々の暮らしにも多かれ少なかれ影響が出る。
政府には熟慮を求めたい。







書いた人

nyao

nyao

本を読むのが大好きです。積読本が多数。システムエンジニア経験あり。プログラミング言語はRubyが好きだけどPHPとJavaばかり書いている。最近はJavaScriptも好きになってきた。クラウド使ったお仕事募集中。

プロフィールを表示 →

-北海道

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2018 All Rights Reserved.