読書と日常をプログラミングする

NyaoPress 読書と日常

北海道

元日営業で波紋/室蘭

投稿日:

asahi.com : MYTOWN : 北海道
室蘭の大型店 元日営業検討で地域に波紋
市民に賛否、規制求める動きも

  室蘭市で大型スーパーの元日営業自粛を求める動きが広がっている。6月に進出した1店が元日営業すれば、他店も同調しかねないからだ。そうなれば家庭を持つパートの主婦も元日出勤せねばならず、既存の商店街への影響も必至で、地元では「元日閉店法」の制定を求める声も上がっている。年中無休のコンビニが増え、都市部では大型店の元日営業は珍しくなくなっただけに、市民の間にも様々な意見があるようだ。

元日開店している店にはかなりの人が入っている。ということは元日営業を消費者が求めているということだ。元日に働く必要があるというのは確かにあるけれども、今の社会では必ずそういう働き方のニーズも存在する。
コンビニがこれだけ発展したのは、商品よりもサービスを売っているからだということが出来る。そのひとつが24時間年中無休の営業だ。この点では大型スーパーも同じ。消費者が求めるサービスを提供することで利益を上げる。その一環が元日営業なのだ。
元日に集客できなければ自然に休業になっていくだろう。今そうなっていないのは、すでに正月の伝統が壊れてしまっていることを意味する。元日営業のことだけを議論しても仕方がないのだと思う。







書いた人

nyao

nyao

本を読むのが大好きです。積読本が多数。システムエンジニア経験あり。プログラミング言語はRubyが好きだけどPHPとJavaばかり書いている。最近はJavaScriptも好きになってきた。クラウド使ったお仕事募集中。

プロフィールを表示 →

-北海道

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2018 All Rights Reserved.