技術・科学

極小純国産PC

投稿日:

asahi.com : 経済

 国産OS(基本ソフト)「トロン」用のソフトウエアなどを販売するベンチャー企業が、ミカンほどの大きさで重さ165グラムの小型パソコンを開発した。パソコン本体のみだが、パソコンの画面やキーボード、マウスをつなげば、文書作成やインターネットの閲覧など一通りのことができる。OSをはじめ、パソコンを制御する半導体CPU(中央演算処理装置)などすべてが純国産だ。

T-Cubeだって。ホントに小さいなあ。
リッチメディアじゃなくて、テキスト+静止画像程度で十分な情報を得られる場合が多いことを考えると、この程度の機能があれば十分なことは多いだろうな。ケータイでもそれなりに使えてるくらいだからね。
一般の人が使うなら、ケータイか、テレビあたりへの組み込み、PDAあたりかなあ。この大きさならたいていのものに組み込めそうだから、あとはキーボードとディスプレイをどうするかだな。
そうするとウエアラブルの方向性もありってことか。。。
面白そうだな。







書いた人

nyao

nyao

本を書きたい人にITの基礎から学んでもらって、Kindleで著者デビューするまでをサポートします。 ITってよくわからないという人のために勉強会をやっています。 「読書と編集」という屋号でお仕事をしています。

プロフィールを表示 →

-技術・科学

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2019 All Rights Reserved.