社会

伝統的儀式とマナー

投稿日:

Mainichi INTERACTIVE ジャンル別速報
遷幸の儀:
静寂ぶち壊す、携帯電話と私語 春日大社

 世界遺産の奈良・春日大社に約870年前から伝わる国の重要無形民俗文化財「春日若宮おん祭」で、すべての明かりを消した参道を神霊が移動する「遷幸(せんこう)の儀」が17日未明にあった。ところが、闇(やみ)と静寂こそ特徴という神秘的な雰囲気を、見物人の携帯電話から漏れる光や私語が、しばしばぶち壊す光景が見られた。同大社は「霊験あらたかな気持ちで見守ってほしかったが、一部に理解してもらえない人がいたのはまことに残念」と苦り切っている。

祭りの意味の分かっている人の方が少ないのだろうから、まあ、しかたがないんだろうな。公共マナー教育なんかこれっぽっちもされてず、3歳児のまま大きくなったような人が多いし。袋叩きを恐れずに言えば、最近の女の人は集めちゃいけない。若いうちからおばちゃん化しているからね。その周りに同じようなヤローどもがくっついてまわるし。
大事な祭りなんだからこの際入場制限したほうがいいんじゃないかな。入場資格を得るには事前に祭りに関するレクチャーを受けておくようにする。1キロくらいなら一般入場禁止にしたところでどうってことないさ。

Follow me!







書いた人

nyao

nyao

本を書きたい人にITの基礎から学んでもらって、Kindleで著者デビューするまでをサポートします。 ITってよくわからないという人のために勉強会をやっています。 「読書と編集」という屋号でお仕事をしています。

プロフィールを表示 →

-社会

PAGE TOP

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2020 All Rights Reserved.