読書と日常をプログラミングする

NyaoPress 読書と日常

政治

ミサイル防衛導入は無駄?

投稿日:

北海道新聞 政治
効果に疑問の声〓MD導入決定 道内部隊の縮小に直結  2003/12/20 01:00

 政府が十九日決めた二〇〇四年度からのミサイル防衛(MD)システム導入には、防衛庁制服組の間でさえ「北朝鮮のミサイルには効果はなく無意味」と不満が強い。MDは本当に必要なのか。十年弱で最大一兆円という巨費投入にレールが敷かれたが、疑問は防衛庁内にも残されたままだ。

北方脅威の解消で道内の自衛隊は縮小を迫られている。MD配備でさらに削減が進むのは道内経済にとってかなりの痛手だ。
まあ、それは別にして、この記事では以下のような記述がある。

陸幕の別の幹部は「北朝鮮の現体制はあと三年」とみており、北朝鮮の脅威を名目にしたMDは、配備時に脅威が消えている事態も考えられる。

これは有力な情報なんだろうか?確かに報道では内部崩壊が進んでいるように見えるが、防衛庁内にこういう見方があるとすればなんらかの情報があるのかもしれない。
だとすればMDはアメリカの武器商売を利するだけで日本にとっては無駄になる可能性がある。
防衛力整備の転換は是非やるべきだけど、無駄なことはやめて欲しい。
道内の自衛隊部隊削減については、経済的な対策があわせて必要であるという点で問題山積。雇用創出も含めた対応が必要と思われる。







書いた人

nyao

nyao

本を読むのが大好きです。積読本が多数。システムエンジニア経験あり。プログラミング言語はRubyが好きだけどPHPとJavaばかり書いている。最近はJavaScriptも好きになってきた。クラウド使ったお仕事募集中。

プロフィールを表示 →

-政治

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2017 All Rights Reserved.