読書と日常をプログラミングする

NyaoPress 読書と日常

北海道

道内最大書店が来年9月に

投稿日:

北海道新聞 経済
リラィアブル、札幌に道内最大書店〓来年9月 4千平方メートル、100万冊  2003/12/20 07:30

 【釧路】道東や札幌で書店を中心とした複合店舗を経営するリラィアブル(釧路)が札幌市豊平区中の島一ノ一三に、約百万冊をそろえた書店や文具、音楽コーナーなどが入る「コーチャンフォー・ミュンヘン大橋店」を出店することが、十九日分かった。敷地面積は約一万六千四百平方メートル、店舗面積は計七千平方メートルで来年九月に開店の予定。書店(店舗面積約四千平方メートル)はウイングベイ小樽の「小樽喜久屋書店」と並び道内最大規模となる。

コーチョアンフォーの新しい店ができるのか。
今ある美しが丘のコーチャンフォーもなかなかの規模で、よく行っている。大型店舗ではコンピュータを使った店舗在庫検索は必須だけど、ここは端末を5台くらい一ヶ所にまとめておいてあって操作性も悪くない。おまけにここからは店内在庫も検索で来ちゃったりする。
あらかじめ家で店に本があるのを確認してからならamazonよりも早く手に入れられるという点でメリットあり。家からはクルマで20分くらい走る場所で近いとはいえないんだけど、便利な書店なのよく利用しています。







書いた人

nyao

nyao

本を読むのが大好きです。積読本が多数。システムエンジニア経験あり。プログラミング言語はRubyが好きだけどPHPとJavaばかり書いている。最近はJavaScriptも好きになってきた。クラウド使ったお仕事募集中。

プロフィールを表示 →

-北海道

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2017 All Rights Reserved.