読書と日常をプログラミングする

NyaoPress 読書と日常

社会

雇用対策に対する財務省原案内示

投稿日:

北海道新聞 生活
今仕事が欲しいのに 「まず景気上向かせて」 財務省原案内示  2003/12/20 14:30

 厚生労働省が要望していた雇用対策が二〇〇四年度予算の財務省原案に盛り込まれ、若者と長期失業者の雇用対策は大幅に増えた。企業実習と職業訓練を組み合わせた若者の雇用対策事業、長期失業者の再就職支援の民間委託…。だが、道内で職探しを続けている若者や長期失業者からは「どれほど効果があるのか」「不景気を脱出しない限り、状況は変わらない」とあきらめ交じりの声が漏れた。

今の政権は「倹約令」で庶民を苦しめている感じ。財政再建は重要課題だけど、景気回復のための効果的な投資まで控えてしまっているような気がする。新しい雇用を生み出す方法をもっと打ち出すべきだ。
地方に雇用を生み出すひとつの方法はやはり福祉だろう。介護サービスをビジネスとして成立しやすくすること、人材を生み出す仕組みを作ること。これが行政の行うべきことだ。
農業に対する種々の慣行も改める必要がある。農業への企業参入を促進することで地方に雇用を作り出すことができる。利益重視ではなく、環境重視の経営を行う営農企業になんらかの補助金を出すという手もある。
雇用の悪化は社会不安を呼び起こす。治安悪化のもとを断つひとつの方法は、景気対策なのだ。







書いた人

nyao

nyao

本を読むのが大好きです。積読本が多数。システムエンジニア経験あり。プログラミング言語はRubyが好きだけどPHPとJavaばかり書いている。最近はJavaScriptも好きになってきた。クラウド使ったお仕事募集中。

プロフィールを表示 →

-社会

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2017 All Rights Reserved.