思念波

著作権について考えた

投稿日:

Doblog - RE:CODE - 音楽:違法ファイル交換=善 著作権=悪 ?

著作権てむずかしいよね。
 
引用と借用の違いってなんですかね。
まぁ法律よくしらないからくわしいことはかんがえられませんけど。
 
ただ法律的な問題はおいといて
その「守らなければいけない良心」みたいなものに
温度差があるってかんじがします。

このエントリ、すごくいい視点だと思います。面白く読ませてもらいました。


今の著作権問題というのは、法律によって「悪」を作り出す可能性がある点が極めて重要なのだと思います。
たくさんの人がからんでひとつの作品を作っている。それで隣接権がたくさん認められていて、それを侵害すると罪になる。
つまるところ、人の飯の種を奪うから悪いというのが今の著作権論議なんじゃないかと考えます。
今の著作権問題は美的、芸術的観点とはあまり関係ないところで問題を作り出している(レコード会社の既得権益を守ろうとする動きもそのひとつ)から、おかしな議論や本来認められている権利まで侵害したり、異常に使うのが不便になる使えない技術が出てくることにつながっているのではないかと僕は考えています。
すごく問題なのは、著作権法を拡大解釈しすぎて悪者を作り出してしまう可能性があることですね。
そういうことに対するカウンターパワーとしてファイル交換システムが存在すること自体は悪くないと思うんです。違法ファイル交換は文字通り違法だけど、ファイル交換を違法とするのは大間違い。
法律の解釈によって「悪」が生まれるというのはやはりおかしい。そのへんで今の音楽業界はやりすぎているような気が僕にはするんですね。既存のやり方での売り上げを法律で保証してもらおうとするのは間違っている。結果的にイノベーションを否定する動きになっている。
以上を総括すると、「著作権を意図的に無視するもの=悪」、「著作権を濫用する者=悪」なんじゃないかなと思います。「意図的に」と「濫用」が入った時点ですごくあいまいなんですけどね(^^;







書いた人

nyao

nyao

本を書きたい人にITの基礎から学んでもらって、Kindleで著者デビューするまでをサポートします。 ITってよくわからないという人のために勉強会をやっています。 「読書と編集」という屋号でお仕事をしています。

プロフィールを表示 →

-思念波

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2019 All Rights Reserved.