技術・科学

火星着陸機、失敗か?

投稿日:

北海道新聞 環境・自然・科学
欧州宇宙機関の火星着陸機、失敗濃厚に 電波望遠鏡で発見できず  2003/12/26 11:30

 【ダルムシュタット(ドイツ)26日共同】25日に火星大気圏に突入後、行方不明になっている欧州宇宙機関(ESA)の着陸機ビーグル2を確認するため、英マンチェスター大のジョドレルバンク天文台が同日夜(日本時間26日朝)、直径76メートルの巨大電波望遠鏡を使って火星表面を捜索したが、着陸成功を示す信号は受信できなかった。

「のぞみ」よりは一歩進んだけど、こっちもだめかなあ。。。ホントに着陸探査は難しいんだね。
でも着くまでに何年もかかるような遠くにあるものを制御する技術ってすごいよなあ。
宇宙探査って夢があっていいな。この歳になってもワクワクするよ。







書いた人

nyao

nyao

本を読むのが大好きです。積読本が多数。システムエンジニア経験あり。プログラミング言語はRubyが好きだけどPHPとJavaばかり書いている。最近はJavaScriptも好きになってきた。クラウド使ったお仕事募集中。

プロフィールを表示 →

-技術・科学

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2018 All Rights Reserved.