読書と日常をプログラミングする

NyaoPress 読書と日常

技術・科学

覚醒下脳手術

投稿日:

asahi.com : サイエンス
患者と会話し脳手術、学会に生中継 山形大付属病院

 脳の手術中に患者と会話をし、言語機能をつかさどる部分を傷つけないように確認しながら患部を切除する「覚醒下(かくせいか)脳手術」が10日、山形大学医学部付属病院(山形市)であった。患者の同意を得て報道陣に公開され、インドネシアで開かれている脳神経外科の国際学会に生中継された。

覚醒下脳手術っていうのがあるのは聞いたことがあったけれど、どうして覚醒させるのかがよくわからなかった。切除による障害範囲をできるだけ小さくするために脳の機能範囲を確認するための方法だったんだね。
施術例が国内で200くらいあるということだから、そこそこ安全性は確保されているのかな。
テレビのスタートレックでマッコイがスポックの脳の手術をする話があったけど、それをふと思い出した。たぶんもう30年くらい前のものだと思うけど、その頃からアメリカでは覚醒下手術って研究されてたのかなあ。
脳自体は痛みを感じないっていうのがすごく不思議な感じがするのは僕だけかな。







書いた人

nyao

nyao

本を読むのが大好きです。積読本が多数。システムエンジニア経験あり。プログラミング言語はRubyが好きだけどPHPとJavaばかり書いている。最近はJavaScriptも好きになってきた。クラウド使ったお仕事募集中。

プロフィールを表示 →

-技術・科学

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2017 All Rights Reserved.