技術・科学

預金者認証をバイオメトリクスで

投稿日:

NIKKEI NET:主要ニュース
スルガ銀、手のひら静脈で預金引き出し

 銀行が預金通帳やキャッシュカードの盗難・偽造対策として、指紋や声などの身体的特徴で預金者本人かどうかを識別する「生体認証」の導入に動き始めた。スルガ銀行が手のひらの静脈で本人確認する預金商品を6月から扱い始めるほか、東京三菱銀行は来年度中に指紋などによる認証を採用する。通帳などの盗難・偽造で不正に現金が引き出される被害を防ぐ。

バイオメトリクスを使う認証は難しい面もある。犯罪に巻き込まれた場合に本人の身体に危害が及ぶ可能性も考えておかなければならないからだ。
引き出し者をもっと精細な画像で記録しておくとか、もっと店舗での抑止力を強化するほうがいいのではないかな。
犯罪対策は単独の機能強化だけでは効果が薄くなると思われるからね。
まあ、認識率がしっかり高ければ暗証番号覚えておいたりカード持って歩くよりも安全で便利だけど、認証システムが複雑なだけだけに、なにかの原因で認証されなかったりしたらすごく面倒なことになりそう。自分の指紋や掌紋で認証されなかったら自分が自分じゃないと否定された気分になってちょっと嫌だな。
まあ、普及してみないとわからないことも多いけどね。

Follow me!







書いた人

nyao

nyao

本を書きたい人にITの基礎から学んでもらって、Kindleで著者デビューするまでをサポートします。 ITってよくわからないという人のために勉強会をやっています。 「読書と編集」という屋号でお仕事をしています。

プロフィールを表示 →

-技術・科学

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2020 All Rights Reserved.