読書と日常をプログラミングする

NyaoPress 読書と日常

国際

サマワで日本友好協会結成

投稿日:

北海道新聞 イラク情勢
町ぐるみで「日本人守れ」 サマワで友好協会初会合 【写真】  2004/01/13 08:21

 【サマワ(イラク南部)13日共同】陸上自衛隊の派遣先、イラク南部サマワで「日本友好協会」が結成され、12日に初会合が開かれた。出席した経済人や地元当局者ら約50人は「日本とともに水、電気、失業問題の解決を」「町ぐるみで日本人を守ろう」などと発言、日本への期待の高さをうかがわせた。

同じアジア人としての意識とか、日本が大戦後に奇跡的な復興を遂げたことなどから、日本に対する期待は大きいのだろう。期待を裏切らない活動ができれば、アジアにおける日本の評価は大きくなるかもしれない。
こういう動きから、少しでも派遣自衛隊の安全が確保されればと願わずにはいられないが、あわせて彼らの期待にこたえられる支援活動を国全体でバックアップする必要もある。
派遣を決定した以上、もたつくことなく後方支援ができる体制を確立すべきだ。
反対活動も派遣自衛官への影響をできるだけ少なくする形で行うのが望ましい。自衛官は任務の上では国の決定以上の意思をもたないのだから、やっぱり反対の矛先は政府であるべきなのだ。くれぐれも現地の動きを妨げて失敗させることのないようにバックアップしたい。
安全が確保できたら、自衛隊だけではなく、民間の支援も投入できるのが望ましい。
イラクのごく普通の人々が我々と同じように平和と豊かさを欲していることはあたりまえのことだということも、もう一度考える必要があると思った。







書いた人

nyao

nyao

本を読むのが大好きです。積読本が多数。システムエンジニア経験あり。プログラミング言語はRubyが好きだけどPHPとJavaばかり書いている。最近はJavaScriptも好きになってきた。クラウド使ったお仕事募集中。

プロフィールを表示 →

-国際

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2018 All Rights Reserved.