社会

飛行機内では法律でケータイ使用禁止/改正航空法施行

投稿日:

航空機内の携帯使用を禁じる改正航空法が施行
航空機内の携帯使用を禁じる改正航空法が施行

 航空機に搭乗した際に、機内での迷惑行為などを禁じた改正航空法が15日に施行された。これにより、航空機内では携帯電話の電源を常に切ることが義務づけられる。
 今回施行される改正航空法では、航空機内において安全を脅かす行為などを禁じることが新たに盛り込まれた。禁止行為を続けた乗客には、機長が止めるように命令できるようになるほか、命令に従わず、違反した場合には50万円以下の罰金が科せられる。

飛行機内で意外と平気でケータイの電源入れている人を見かけるんだけど、今後は厳重に注意されることになるかもしれないので気をつけよう。
あまり気にしていない人はきっと電車の中などと同じ感覚なんだろうけど、飛行機は無線で重要な情報のやりとりをして飛んでいるのだから、機内で無線機器を使うのは飛行機全体を危険に陥れる可能性があるということを覚えておいたほうがいい。
パソコンなどの電子機器はラジオのそばに近づけてみると分かるけれど、かなりのノイズが出ているものだ。アンテナの塊といってもいい飛行機の中ではどこでノイズを拾うかわからないからやはり決められた時間帯以外は使わないようにしたほうがよい。
あまりにも普通に飛行機を使うようになって安全面の意識が低くなってきている。他人を道連れにして自分の身も危険にさらす可能性があるということをもっと意識しておこう。







書いた人

nyao

nyao

本を書きたい人にITの基礎から学んでもらって、Kindleで著者デビューするまでをサポートします。 ITってよくわからないという人のために勉強会をやっています。 「読書と編集」という屋号でお仕事をしています。

プロフィールを表示 →

-社会

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2019 All Rights Reserved.