読書と日常をプログラミングする

NyaoPress 読書と日常

社会

今日は地震の特集が多いな

投稿日:

asahi.com : MYTOWN : 北海道
阪神大震災あすで9年、道内は

  阪神大震災から17日で9年。震災後、全国各地で防災計画が見直されるなど様々な対策が講じられてきた。道内では昨年9月に十勝沖地震で大きな被害が出ただけに、その際の住民避難や津波対策などを検証し、改めて対策を練り直す動きが進んでいる。

今日は阪神大震災が発生した日。テレビも新聞も地震に関する報道が多い日のようだ。
阪神大震災は大都市で起きる災害の怖さをまざまざと見せつける地震災害だった。
密集度や、通勤などでの域内の移動距離が比較的小さい札幌では大地震に見舞われたときのリスクを感じにくいが、冬にインフラが使えなくなった場合には厳しい状況が発生する可能性が高い。
それよりもリスクを感じるのは関東地域での大地震だ。政治・経済のパニックが発生するということももちろんだが、もっと直接的に、首都圏に依存している仕事に従事していることから生まれるリスクを大きく感じるのだ。
僕の周りには毎週のように東京に通っている人間がかなりいる。僕自身、プロジェクトの一定の時期には一年以上にわたって毎週東京に行っていたこともある。
たまたま出張している時期に災害に遭ったらどうするか。これはかなり深刻な課題なのだ。
なにか起きたときの家族との連絡手段をどうするか。日ごろから意識して話し合っておく必要がありそうだ。







書いた人

nyao

nyao

本を読むのが大好きです。積読本が多数。システムエンジニア経験あり。プログラミング言語はRubyが好きだけどPHPとJavaばかり書いている。最近はJavaScriptも好きになってきた。クラウド使ったお仕事募集中。

プロフィールを表示 →

-社会

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2018 All Rights Reserved.