読書と日常をプログラミングする

NyaoPress 読書と日常

技術・科学

電子ペーパーがまた一歩前進

投稿日:

ITmediaモバイル:電子ペーパーでコピー用紙同等の表示品質 富士通研

 富士通研究所が、一般のコピー用紙と同等の白さとコントラストを達成した電子ペーパーのコンセプトモデルを試作した。2006年ごろの実用化を目指す。

どれくらいの値段になるのかわからないけど、2年後には実用化できそうだというのはなかなか頼もしい。
液晶よりも軽く、明るく、電気も食わない電子ペーパーが実用になれば、出版の形態に大きな影響を与えるだろう。ケータイなどのネットワーク経由で本を買って読むというのが今よりもっと一般的になったら面白いだろうな。書店はビジネス形態を変えて生き残るかもしれないけど、究極的には図書館は不要になるような気がする。
上記のリンク先にある写真は、電子ペーパーが本物の紙に近い柔らかさを持っていることを示唆する写真が載っている。制御部分が別になっていそうだから、本物の紙と同じって訳にはいかないだろうけど、持って歩くのがさほど大変じゃなさそうだ。
ケータイとBluetoothなんかで通信して文書を表示するようなものなら結構軽いモノをつくれるかもしれない。
実用化が楽しみだな。







書いた人

nyao

nyao

本を読むのが大好きです。積読本が多数。システムエンジニア経験あり。プログラミング言語はRubyが好きだけどPHPとJavaばかり書いている。最近はJavaScriptも好きになってきた。クラウド使ったお仕事募集中。

プロフィールを表示 →

-技術・科学

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2017 All Rights Reserved.