北海道

北海道遺産のアーチ橋の欠損確認/上士幌

投稿日:

北海道新聞 道東
水位低下、上士幌のアーチ橋 地震のキズくっきり  2004/01/26 17:05

 【上士幌】昨年九月の十勝沖地震後に一部が崩れ落ちていることがわかった、十勝管内上士幌町のタウシュベツ川橋りょうが、糠平湖の水位の低下で姿を現した。欠損部は幅、深さとも約四メートルに及んでいることが確認された。北海道遺産にも指定されている旧国鉄士幌線のコンクリートアーチ橋りょう群の一つだが、今後崩落が進む恐れもある。

旧士幌線は美しいアーチ橋がいくつもかかっていたことで有名だ。レールがひかれた頃の技術レベルでは一番の工法だったのだろうけど、それが自然の中に不思議に美しく映る橋になった。
作られてから数十年で路線は廃止となり、傷むに任せてあるのだから、「遺産」はこれから数十年たつとすっかり自然に戻ってしまうんだろうな。だから、地震で壊れてしまうのもある程度仕方がないの。そういうはかなさがこういう産業遺跡のよさでもあったりするからね。
そういえば小学生時代に北海道の鉄道の写真のカードを持っていて、それには糠平湖にかかる鉄橋に気動車が走る美しい写真が何枚か入っていた。その頃は北海道の鉄路もまだまだ健在だったからそのカードもあまり大事にせずになくしてしまったんだけど、今考えると惜しいことをしたなあ。。。

Follow me!







書いた人

nyao

nyao

本を書きたい人にITの基礎から学んでもらって、Kindleで著者デビューするまでをサポートします。 ITってよくわからないという人のために勉強会をやっています。 「読書と編集」という屋号でお仕事をしています。

プロフィールを表示 →

-北海道

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2020 All Rights Reserved.