読書と日常をプログラミングする

NyaoPress 読書と日常

政治

学歴詐称で除名

投稿日:

北海道新聞 政治
民主党が古賀氏を除名 学歴詐称問題で  2004/01/29 10:30

 民主党は二十九日午前の臨時常任幹事会で、古賀潤一郎衆院議員(福岡2区)の学歴詐称疑惑への対応を協議した。岡田克也幹事長が、党の処分としては最も重い除籍(除名)処分を提案し、全会一致で了承された。執行部は除籍処分でこの問題の幕引きを図る方針だが、党内外に議員辞職を求める声がなお強く、対応に苦慮する事態が続きそうだ。

詐称する意図があったかどうかはともかく、その後の稚拙な対応によって信用を落とした行為を考えると、民主党としては単純に離党を受理するというわけにはいかないから、少なくとも除名は当然だろう。
辞職の問題は党利党略の観点から政党間で争われるだろうが、本人が辞職しないと言っている以上は司法の手にゆだねていい問題だと思う。
しかしこれで有罪になったら一生政治家として日の目を見ることはできない。政治家としてどころか、人間としての信用をなくすことになるだろう。つまらないにこだわって一生を棒に振るのはバカらしいと思う。彼にはそれが見えていないのだろうか。







書いた人

nyao

nyao

本を読むのが大好きです。積読本が多数。システムエンジニア経験あり。プログラミング言語はRubyが好きだけどPHPとJavaばかり書いている。最近はJavaScriptも好きになってきた。クラウド使ったお仕事募集中。

プロフィールを表示 →

-政治

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2017 All Rights Reserved.