読書と日常をプログラミングする

NyaoPress 読書と日常

北海道

LED活用してレタス栽培/岩見沢

投稿日:

北海道新聞 農林水産
赤い光でレタス生育促進 岩見沢でLED活用し栽培 【写真】  2004/01/29 14:30

 【岩見沢】赤い光を放つ発光ダイオード(LED)パネルを利用したレタス栽培が岩見沢市内の農業施設「コスモファーム岩見沢」で始まった。道内では初の施設で、露地栽培の四倍という生育の速さと、露地ものより栄養価が高いのが特徴。完全密閉型で、害虫が入り込みにくいため、無農薬で栽培。二月上旬に初出荷し、年間八十三万玉の出荷、年商約八千五百万円を見込んでいる。

なるほどね。赤い光は光合成を促すのか。
だけど、BSE問題とか鳥インフルエンザ問題なんかを考えると、こういう人工的な栽培や養殖ってなにか落とし穴があるような気がしてくる。カイワレの食中毒にしたってそう。
農業自体がいくらかは人工的なものなのは仕方がないんだけど、自然にあるモノをはるかに越えた高密度で栽培/飼育するとどこかに無理が生じてある日突然有害なものに変化してしまうのではないかと怖れてしまう。
世界の食糧問題を解決するためにはこういう方法も必要になってくるのかもしれないけどね。すごく複雑な気分。







書いた人

nyao

nyao

本を読むのが大好きです。積読本が多数。システムエンジニア経験あり。プログラミング言語はRubyが好きだけどPHPとJavaばかり書いている。最近はJavaScriptも好きになってきた。クラウド使ったお仕事募集中。

プロフィールを表示 →

-北海道

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2017 All Rights Reserved.