社会

特許訴訟、請求分200億円支払い命令

投稿日:

北海道新聞 社会
請求分200億円支払い命令 青色LED特許訴訟で東京地裁 【写真】  2004/01/30 17:30

 「ノーベル賞級の発明」とされる青色発光ダイオード(LED)を開発した米カリフォルニア大サンタバーバラ校の中村修二教授(49)が、開発当時に勤務していた日亜化学工業(徳島県阿南市)に特許権を譲渡した対価の一部を求めた訴訟の判決で、東京地裁は30日、請求通り200億円の支払いを命じた。支払い命令を仮執行できるとした。

200億円は過大な金額のような気がする。だいたい過去にさかのぼって訴訟を起こされて同じような支払いが認められていったら技術系の企業は成り立っていかない。200億円の利益に見合う売り上げといったら数千億から兆の単位だ。急に支払えといわれて支払えるような額ではない。
技術者の端くれとして、その権利が認められたことは評価したい。しかしこの金額は企業の存立を危うくするという点で他の技術者の権利を侵害するとんでもない金額だと思う。訴訟の行方を見守りたいと思う。







書いた人

nyao

nyao

本を書きたい人にITの基礎から学んでもらって、Kindleで著者デビューするまでをサポートします。 ITってよくわからないという人のために勉強会をやっています。 「読書と編集」という屋号でお仕事をしています。

プロフィールを表示 →

-社会

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2019 All Rights Reserved.