食・飲

鍋の野菜食材、春菊から水菜に交代

投稿日:

北海道新聞 生活
春菊から水菜へ 鍋の“名脇役”交代 栄養満点、苦みなく 【写真】  2004/02/01 00:00

 鍋の「名脇役」の入れ替わりが進んでいる。シャキシャキした歯ざわりの京野菜「水菜(みずな)」が人気を上げ、鍋料理の定番だった春菊に取って代わる勢いだ。札幌市中央卸売市場の扱い量は昨年、初めて水菜が春菊を抜いた。苦味やにおいがほとんどなく、サラダにも使えるため、食卓に上る機会が増えているようだ。

ウチでも春菊はなくても水菜は欲しいという方向に変わったな。春菊と違って鍋以外の調理法で食べることもできるし、なによりあの歯ごたえがうれしい。春菊は好き嫌いがあるけど水菜は比較的嫌われにくいみたい。
なんだか食べたくなってきたな。







書いた人

nyao

nyao

本を書きたい人にITの基礎から学んでもらって、Kindleで著者デビューするまでをサポートします。 ITってよくわからないという人のために勉強会をやっています。 「読書と編集」という屋号でお仕事をしています。

プロフィールを表示 →

-食・飲

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2019 All Rights Reserved.