技術・科学

アルツハイマーの原因物質を除去する「掃除屋」

投稿日:

asahi.com : サイエンス
アルツハイマー病の原因物質、「掃除屋」細胞が除去

 脳内にたまったアルツハイマー病の原因とされる物質を、脳梗塞(こうそく)などで死んだ細胞を分解する脳内の「掃除屋」細胞が取り除けることが分かった。掃除屋細胞の活性を調節できれば、治療法につながる可能性がある。東京都精神医学総合研究所の秋山治彦副参事研究員らが、2日発行の米医学誌ネイチャーメディシンに発表する。

人間の体ってつくづく精巧に出来ているんだなあと思う。死んだ細胞を片付ける仕組みがないと生体を維持することができなくなるから当たり前といえばそうなんだけどね。
病気の治療に役立てられるようになるとすばらしいな。







書いた人

nyao

nyao

本を書きたい人にITの基礎から学んでもらって、Kindleで著者デビューするまでをサポートします。 ITってよくわからないという人のために勉強会をやっています。 「読書と編集」という屋号でお仕事をしています。

プロフィールを表示 →

-技術・科学

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2019 All Rights Reserved.