社会

はるばるアメリカから来て立て込もり/新潟大

投稿日:

asahi.com : 社会
女子大生のHP見て恋心 新潟大立てこもりの米国人学生

 新潟大学工学部で、昨年暮れに起きた立てこもり事件をきっかけに、同大の学生のホームページ(HP)が消え始めている。逮捕された米国人の男子学生(23)が「HPで女子学生の写真を見て会いたかった」と動機を供述したからだ。米・シアトル市から新潟市まで約8000キロ。飛行機、車を乗り継ぎ、やってきた。ネット社会で起きた思わぬ事件に、大学はHPの掲載内容に関するルールづくりを検討し始めた。

インターネットって国際的なビジネスの舞台だったりするけれど、恋心を持ってアメリカからはるばるやってくるなんて全く酔狂なヤツがいるもんだね。
当事者はそんなのんびりしたこと言ってられないだろうけどね。
大学が学生のホームページについて一律の規則を決めてしまうのはどうかと思うけど、プライバシー問題の発生を予測したガイドラインはきちんと作る必要があるだろうな。
インターネットでWebページを作るとき、そのバランスにはかなり気を使う。僕は自分の発言に責任を持つために、ある程度の情報を公開しているし、メールアドレスも公表している。(もちろん問題があったら変えられるようにしてあるけれど)。だけど、それにはそれなりのリスクにも覚悟をしなければならないわけで、このバランスが年々難しくなってきていると思う。
表立って公開するものにはちょっと見栄を張りたくなることもあるしな。ちょっとだけ学歴詐称のK氏の気持ちもわからないでもないな。(彼の場合は虚言癖に近いようだし、議員としての資質に問題があるという意見は変わらないけどね。)
こんなページも毎日1000ヒット以上アクセスがあるから、悪いほうに考えれば結構怖いという思いもあるけど、こうやっていろいろ書いたものを公表するのはなかなかやめられないんだなあ。。。







書いた人

nyao

nyao

本を書きたい人にITの基礎から学んでもらって、Kindleで著者デビューするまでをサポートします。 ITってよくわからないという人のために勉強会をやっています。 「読書と編集」という屋号でお仕事をしています。

プロフィールを表示 →

-社会

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2019 All Rights Reserved.