バカの壁、売れてるんだね

投稿日:

asahi.com : 文化芸能
バカの壁」47刷、3百万部突破 月内にも記録更新か

 話題作「バカの壁」(養老孟司著、新潮新書)の5万部増刷が5日決まり、この47刷までの累計部数が302万になった。同書は03年4月の初刷以来、3〓15万部規模で増刷を重ねてきた。新潮社では、新書の過去最多記録である「冠婚葬祭入門」(塩月弥栄子著、光文社、70年刊)の308万部を2月中にも更新する可能性が出てきたとしている。

すごく売れているんだねえ。かく言う僕も買って読んじゃったけど。思い当たるところがたくさんあるし、それが脳の仕組みの上からどうなのかってことも説明されていて面白かった。
ただ、明解ってわけでもない。著者の中では繋がっているのかもしれないけど、後半に行くにしたがって本の趣旨が変わってきてしまうように見える。なんだか言いたいことを一気に書き下ろしただけって感じもしてしまうのだ。
僕はこのほんを読んで「バカの壁」を実感してしまった感じ。
もう一度見直して整理してもらえると、もっと読み易い読み物ができるような気がする。

バカの壁

バカの壁
ついでに言うと、こんな本も出ているらしい。

「バカの壁」をぶち壊せ!

「バカの壁」をぶち壊せ!
面白いのかな?それともブームに乗っただけの本かな?

Follow me!







書いた人

nyao

nyao

本を書きたい人にITの基礎から学んでもらって、Kindleで著者デビューするまでをサポートします。 ITってよくわからないという人のために勉強会をやっています。 「読書と編集」という屋号でお仕事をしています。

プロフィールを表示 →

-

PAGE TOP

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2020 All Rights Reserved.