読書と日常をプログラミングする

NyaoPress 読書と日常

政治

自治体名にひらがなが流行

投稿日:

asahi.com : 政治
さくら・いの…合併でひらがな自治体次々 反発招く例も

 「平成の大合併」で「ひらがな自治体」が次々と誕生している。01年以降これまでに4市と1町がひらがなの名前をつけ、05年3月までに新たに10市と5町が仲間入りする見通しだ。「親しみやすい」「新鮮な感じ」といった好反応の一方で、住民の反発を呼んだところもある。

いろいろ理屈をつけても、結局は流行ってやつなんだろうなあ。決める人たちは斬新さとかオリジナリティを出そうと思っているんだろうけど、これだけいろんな地域が同じようなことをやっているのを見るとただの流行。歴史的には「流行した」ってことで片付けられてしまうに違いない。
地域には流行なんかよりも重要な長い歴史があるんだから、もっと慎重に決めたほうがいいと思うな。
それと、合併にあたって地域ごとに自分たちの名前を残そうとする気持ちはわかるけれど、それをただ主張しあって結果的に妥協的な名称になるのは後々の恥だと思う。その地域にふさわしい名前はなにか。良識を持った話し合いをして欲しいものだ。







書いた人

nyao

nyao

本を読むのが大好きです。積読本が多数。システムエンジニア経験あり。プログラミング言語はRubyが好きだけどPHPとJavaばかり書いている。最近はJavaScriptも好きになってきた。クラウド使ったお仕事募集中。

プロフィールを表示 →

-政治

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2018 All Rights Reserved.