技術・科学

LEGOをつないでプログラミング

投稿日:

ITmedia ライフスタイル:「I-BLOCK」――LEGOブロックをつなげば、それが「プログラム」になる (1/3)

MindStormsの開発に関わったことで知られるヘンリック・ルンド教授が新しい仕組み――「I-BLOCK」を開発した。LEGO Duploサイズのブロックの中にはマイコンが入っており、それをつなぐだけで“プログラム”になるという。来日した教授にその詳細を聞いた。

この記事、久しぶりにワクワクしたなあ。LEGO Duploサイズのブロックに色々な機能のマイコンが仕込まれていて、それらを組み立てることでなにか新しい動作をする。ブロックを組み立てることがすなわちプログラミング。究極のオブジェクト指向プログラミング、いやオブジェクトプログラミングかな?そういう感覚。


人間の頭って手を動かすことによる刺激から直感するものが結構あると思うんだな。文字で論理を積み重ねるんじゃなくて、もっと直感的なイメージでモノを作り上げることもできるはずで、それって僕にとってはかなり気持ちのいい体験になるような気がするんだな。昔からブロックとか粘土遊びが好きだったから。
だからもしこれが商品化されたら是非買って遊んでみたい。学習でも仕事でも「遊ぶ」ことから始まったほうが良い結果を生むに違いないと信じているからだ。
パソコンを組み立てるのも今みたいにいかにも電子工作って感じじゃなくて、こうやってブロックを組み立てるように作れたら楽しいだろうなあ。しかもパソコンの部品使ってロボット作ったり他のいろんなものを作るのも全く違和感が無くなるだろう。
こういうの使って遊ぶ子供たちの姿を想像するとワクワクしない?
一番ワクワクして遊んでるのは子供たちより僕かもしれないんだけどね(^^)







書いた人

nyao

nyao

本を書きたい人にITの基礎から学んでもらって、Kindleで著者デビューするまでをサポートします。 ITってよくわからないという人のために勉強会をやっています。 「読書と編集」という屋号でお仕事をしています。

プロフィールを表示 →

-技術・科学

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2019 All Rights Reserved.