技術・科学

新幹線360キロ運転へ

投稿日:

北海道新聞 経済
新幹線360キロ運転へ JR東日本が試験車両製造  2004/02/11 03:30

 JR東日本は十日、最高時速三百六十キロで営業運転する新幹線車両の開発に技術的見通しが立ち、来年に原型となる実験車両を製造して走行試験を行うと発表した。二〇一二年度がめどの八戸〓新青森開業までに量産化し、東京〓新青森(約七百四十キロ)を三時間以内で結ぶ計画。与党が〇五年度にも着工を目指す北海道新幹線・新青森〓新函館の時間短縮効果も高まり、建設への追い風にもなりそうだ。

性能上の最高時速が400キロだって。ここまで出せるとなるとコストの高いリニアモーターカーの普及は随分先になりそうだな。
東京-函館が3時間半か。開業すれば航空便はなくなっちゃうかもしれないな。
北海道新幹線の建設にはいろいろ問題があると思うけれど、こうやって鉄道技術が着々と進歩しているのを見るのは楽しみだよ。







書いた人

nyao

nyao

本を書きたい人にITの基礎から学んでもらって、Kindleで著者デビューするまでをサポートします。 ITってよくわからないという人のために勉強会をやっています。 「読書と編集」という屋号でお仕事をしています。

プロフィールを表示 →

-技術・科学

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2019 All Rights Reserved.