読書と日常をプログラミングする

NyaoPress 読書と日常

政治

村がなくなる?

投稿日:

asahi.com : 政治
「村」がなくなる? 合併加速化、村の7割が協議会参加

 国が進める「平成の大合併」で、全国547の村のうち7割を超える392村が市町村合併の枠組みを決め、法定、任意の合併協議会に加わっていることが朝日新聞社の調べでわかった。協議会に加入していない155村のうち、単独存続を決めた村はわずか48。財政優遇策を盛り込んだ合併特例法の期限が来年3月末と迫り、小規模自治体が市や町に編入される形で、消えてゆく実態が裏付けられた。

地図を見ていると日本はずいぶん細かい市町村に分けられていることがわかる。それぞれの市町村にそれぞれの役場や公共施設があり、議会があるというのはずいぶん無駄が多いのではないかと思う。たぶん商圏を考えると良くわかる。大きな町の周辺の町村の人々は大きな町に買い物に行く。買い物に行く範囲であればひとつの自治体に統合してもあまり問題がないのではないかと思う。政治の無駄を省くために合併を進めるのは良いことだと思う。
ただ、その地域の独自性というのは政治とは別のものがあるから、その名称も含めた文化を守っていく必要性はある。
数年後には「村」がずいぶん減ってしまうんだろうな。







書いた人

nyao

nyao

本を読むのが大好きです。積読本が多数。システムエンジニア経験あり。プログラミング言語はRubyが好きだけどPHPとJavaばかり書いている。最近はJavaScriptも好きになってきた。クラウド使ったお仕事募集中。

プロフィールを表示 →

-政治

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2017 All Rights Reserved.