技術・科学

リアル店舗でEdyを使ってみた

投稿日:

札幌定山渓国際スキー場は今年から全面的にEdyが使えるようになった。今日は事前にEdyをチャージして現地で使ってみることにした。
レジの横にEdyの決済端末が置いてあって、カードをかざすとシャリーンと音がしてすぐに決済できる。カードと端末の間でバリューのやり取りがあるだけなのだろう。クレジットカードよりもずっと早い。
お釣りを受け取る必要がなくて便利。
いつもはインターネット上の決済に使っていて、それはそれで便利だけれど、やっぱりリアルで使えるというのは電子マネーの未来を感じて面白い。
これがいろいろな店で使えるようになり、銀行の預金からEdyにチャージできるようになったら、家でお金がおろせるようになるわけですごく便利だと思う。Edyバリューを現金にチェンジできるようになったらもっとすごいし、バリューを他の人にネットワークで送ることができるようになったらもっとすごい。
全国展開のコンビニで普通にEdyが使えるようになったらすごいだろうなあ。。。







書いた人

nyao

nyao

本を書きたい人にITの基礎から学んでもらって、Kindleで著者デビューするまでをサポートします。 ITってよくわからないという人のために勉強会をやっています。 「読書と編集」という屋号でお仕事をしています。

プロフィールを表示 →

-技術・科学

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2019 All Rights Reserved.