北海道

通票閉塞と腕木式信号機が廃止に/夕張・清水沢駅

投稿日:

北海道新聞 話題
鉄路の「遺産」7日で見納め〓夕張・清水沢駅 【写真】  2004/03/05 01:00

 【夕張】国内鉄道の草創期から運行の安全を守ってきた道内最後の「腕木(うでぎ)式信号機」と「タブレット(通票)」が七日、JR石勝線夕張支線の清水沢駅(夕張市清水沢)から姿を消す。いずれもかつてはどこの駅にもあった「鉄路のシンボル」。同駅には消え行く鉄道遺産を見ようと、熱心な鉄道ファンが連日詰めかけている。

へえ。まだ実運用しているところが残ってたんだね。
子供の頃はまだ腕木式信号機もタブレットというかキャリアのやり取りもよく見かけたっけ。
今は自動閉塞が当たり前だし、列車の運行制御自体が集中管理になって安全性も高くなっているんだろうからこういうのがなくなっていくのは仕方がないけれど、やっぱり寂しい感じがするもんだね。
あとはもう博物館にいかないと見ることができなくなるんだなあ。。。







書いた人

nyao

nyao

本を読むのが大好きです。積読本が多数。システムエンジニア経験あり。プログラミング言語はRubyが好きだけどPHPとJavaばかり書いている。最近はJavaScriptも好きになってきた。クラウド使ったお仕事募集中。

プロフィールを表示 →

-北海道

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2018 All Rights Reserved.