社会

大手電機が家族手当で少子化対策支援

投稿日:

YOMIURI ON-LINE / 経済

大手電機、家族手当で少子化対策を応援
 大手電機メーカー各社は4月以降、家族手当の見直しに乗り出す。各社の経営側が、「企業姿勢として少子化の歯止めに協力したい」(三菱電機の斉藤正憲取締役)として組合側に提案した。

配偶者手当を廃止して子供手当を増やすという形で少子化対策を応援するということらしい。
給与が右肩上がりで増えていく時代は終わり、暮らし方や世の中の動きにあわせて給与が弾力的に変化する時代に入ったということを端的にあらわしている。
配偶者手当は103万円問題などと言われて女性が働く場合のハードルのひとつになっていたりもするしね。より家庭や子育てにかかわりたいという男性も増えているだろうから、家庭の中で夫だけが外で働くという時代はもう古いってことでもあるんだろうな。
僕もこういうのはおおむね歓迎だな。収入は減るけれどね。。。







書いた人

nyao

nyao

本を書きたい人にITの基礎から学んでもらって、Kindleで著者デビューするまでをサポートします。 ITってよくわからないという人のために勉強会をやっています。 「読書と編集」という屋号でお仕事をしています。

プロフィールを表示 →

-社会

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2019 All Rights Reserved.