読書と日常をプログラミングする

NyaoPress 読書と日常

食・飲

焼酎が日本酒を抜いた

投稿日:

北海道新聞 経済
こだわり製法、飲み方自在 焼酎出荷量、日本酒抜く〓ブームで半世紀ぶり  2004/03/11 02:00

 二〇〇三年の焼酎の出荷数量が、日本酒(清酒)を半世紀ぶりに上回ったことが十日、国税庁の統計で分かった。ブームの芋焼酎を中心とする蔵元の原料、製法へのこだわりや、水割りやロックなど好みのアルコール度数で飲める手軽さが人気を集めており、焼酎はビールや発泡酒に次ぐ出荷量となった。

たしかに焼酎は楽しみ方がいろいろあるし、地方の販売にとどまっていたものが全国販売されるようになってきて、いい地酒が飲めるようにもなったからなんだろうね。
確かに日本酒と比べたらずっと楽に飲めると思う。
だけど、ぼくは日本酒のほうが好きだったりするんだなあ。。。
まあ、焼酎があればそれはそれで飲むんだけどね(^^;
数年前に鹿児島に行ったとき、居酒屋で焼酎が安いのに驚いたことがある。一升瓶が出てきて、お茶とかの割るものがついて確か1000円しなかった。香りの強い焼酎がうまいと感じた記憶がある。
ブームになると値段が上がってしまうのが難点だよね。。。







書いた人

nyao

nyao

本を読むのが大好きです。積読本が多数。システムエンジニア経験あり。プログラミング言語はRubyが好きだけどPHPとJavaばかり書いている。最近はJavaScriptも好きになってきた。クラウド使ったお仕事募集中。

プロフィールを表示 →

-食・飲

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2018 All Rights Reserved.