読書と日常をプログラミングする

NyaoPress 読書と日常

思念波

季節の言葉

投稿日:

北海道で桜の時期といえばゴールデンウィークだ。この頃に梅と桜が一緒に咲く。
東京の会社にいた頃、四月のはじめの花見に驚いたものだった。北海道ではまだ雪が残っている時期なのだ。


今年は暖かいので雪解けは早そうだけど、桜がどうかはわからない。
東京が梅雨でうっとうしい頃、札幌には「リラ冷え」という言葉がある。渡辺淳一の小説で使われた言葉で、六月頃の曇り空の肌寒い時を現す表現だ。その頃ライラックが咲く。
北海道には純粋な日本的季節感がないから、こういう独特の言葉が生まれている。有名な「しばれる」もそうだ。
僕はこういう言葉に実感があるからとても好きだ。
他にはどんな季節の言葉があるだろう。少し考えてみようか。







書いた人

nyao

nyao

本を読むのが大好きです。積読本が多数。システムエンジニア経験あり。プログラミング言語はRubyが好きだけどPHPとJavaばかり書いている。最近はJavaScriptも好きになってきた。クラウド使ったお仕事募集中。

プロフィールを表示 →

-思念波

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2017 All Rights Reserved.