読書と日常をプログラミングする

NyaoPress 読書と日常

社会

回転ドア事故

投稿日:

北海道新聞 社会
六本木ヒルズ 回転ドア事故32件発生〓開業から1年間で 【写真】  2004/03/27 23:00

 東京都港区の「六本木ヒルズ」森タワーで、大阪府吹田市の溝川涼ちゃん(6つ)が頭を自動回転扉に挟まれ死亡した事故で、六本木ヒルズでは昨年4月のオープン以降、手動も含めて回転扉の事故がほかに32件あり、うち10件はけが人が病院へ救急搬送されていたことが27日、分かった。

10人も病院送りになっていながら対策らしい対策をとっていなかったとしたら、これは過失といえるのだろうか?いずれ死亡事故が発生しうるということは十分予見できたような気がするのだが。


少し前にとある病院に姪っ子を連れて行ったときのことを思い出した。同じような自動回転ドアがあったのだ。思わず手前で姪っ子をしっかりつかまえて通った。
あのドアは大人でも緊張する。それでもそれなりの安全対策はしてあるのだろうと思っていたのだが、実際にはかなり危険な状態だということが今回の事故でわかった。
だいたい回転扉が自動である必要などあるのだろうか。あの大きさのものであればすぐに停止することが難しいのは明らかで、もともとの設計思想に問題があると思わざるを得ない。
空調対策ならあれだけのスペースがあればほかにもやりようがありそうなものだ。
こんな場所で命を落とすのはあまりにも無念だ。さっさとほかの設備に取り替えるしかないだろう。







書いた人

nyao

nyao

本を読むのが大好きです。積読本が多数。システムエンジニア経験あり。プログラミング言語はRubyが好きだけどPHPとJavaばかり書いている。最近はJavaScriptも好きになってきた。クラウド使ったお仕事募集中。

プロフィールを表示 →

-社会

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2018 All Rights Reserved.